【お洒落さん必見】リネン生地を使った服作り!

HOME>Utility>裁縫に役立つリネン生地って何?生地の特徴をリサーチ

それぞれの特徴を理解

手芸や裁縫を行なうのであれば、生地や糸の特徴をしっかりと把握しておきましょう。それぞれの特徴をうまく活かすことが出来れば、丈夫で見栄えの良い作品が仕上がりますよ。

手芸で利用される糸の種類

  • 絹糸
  • 綿糸
  • ポリエステル
  • ナイロン

裁縫に役立つリネン生地って何?生地の特徴をリサーチ

裁縫道具

自分で服を作るなら

裁縫を得意とする方は自分で服を作ることもあります。このような場合、生地にどのような素材を利用するのかという部分も重要となります。最近ではリネン生地やパッチワーク糸を利用した裁縫が人気を集めているので、情報サイトを活用して服作りに役立てていくといいでしょう。

服作りに利用される生地の種類

裁縫道具

アクリル

アクリルを利用している生地は柔らかみがあり、肌ざわりが良いという特徴を持っています。合成繊維で出来ているので洗濯や着用ダメージにも強いというメリットもあるのです。

麻は天然の植物から採取された出来た生地です。熱伝導率が高いので、暑い夏場を涼しくしてくれる生地として人気があります。天然素材なので洗濯時は注意が必要ですよ。

ウール

ウールは羊やアンゴラなどといった動物から採った獣毛を利用して出来た生地になっています。吸湿性と保温性に優れているのため、冬場のコートやマフラーに利用することで温かく過ごすことが出来るようになるでしょう。

シルク

シルクは蚕の繭から採れる絹を使った生地です。この生地は独特の光沢と肌ざわりを持っているため着心地もかなり良いとされています。また高級シルクになると価格も高くなり、高級ブランドの衣服などにも利用されることがあるようです。